Neurinoma - この病気は何ですか?その原因は何ですか? 神経膠腫の記述、症状および予防

髄膜炎は病気の治療です。 髄膜炎の症状と予防

神経鞘腫は、第7の一対の脳神経(すなわち聴神経)に影響を与え、それらの前庭部分から発達し始める良性腫瘍である。

神経鞘腫 - 発症の原因

この病気の原因について話したら、最終的に彼らの現代医学を決定することはできません。 確率と確実性が非常に高いことから、病気の発症の理由の1つ、すなわち遺伝性の素因のみを挙げることができます。

また、間接的な原因の中で、患者の神経線維腫症の存在、すなわち、身体の様々な部分における子宮筋腫の出現のような症状および徴候において現れる疾患が注目される。

神経線維腫症もまた遺伝的に問題であるということも興味深い。 親が類似の遺伝子を有する場合、同じ疾患で生まれる確率は約50%である。

神経鞘腫の症状

小さな神経鞘腫(最大2センチメートル)の症状および徴候は、以下の症状である:

  • 腫瘍は前庭機能を果たす神経の一部を圧迫する。 この症状はバランスの喪失を引き起こし(これは症例の約60%で起こる)、これの徴候はめまいと不安定である。
  • 教育は顔面神経圧迫している場合 - 顔の麻痺を、肌のヒリヒリ感が徴候や症状を含む神経が挟まれている側).Also、上に示され、医師は味の違反を言います。
  • 腫瘍が蝸牛神経を圧迫する場合、これが大部分の場合、聴力障害(症例の約95%)につながる。

病気が進行し、それの大きさはクルミの値に達した場合は、より抜本的な症状および徴候表示されます。ほぼ完全難聴、急速眼球運動を、乱れ味(例九十%に)角膜の感度を低下させました。

腫瘍が大きなサイズ(例えば、鶏の卵)に達すると、病気の症状や徴候の中で、視力や精神的健康に違反し、嚥下障害になります。

神経鞘腫 - 診断

この病気を診断するためには、聴力障害、つまり聴力検査を記録することを決定する必要があります。 MRIとCTを行い、眼振(電子ヒストグラム)を特定するのに役立つテキストを実行します。

神経鞘腫 - 病気の種類

構造のタイプによって、神経鞘腫は以下のように分類される:

  • てんかん患者。 それらは、少数の繊維を有する腫瘍細胞の密集した配置を特徴とする。
  • 血管腫。 腫瘍には、血管の病理学的拡張のために形成される様々な海綿質腔がある。
  • Xanthomatous。 このタイプの腫瘍は、色素含量が高いキサントクロミック細胞を多数示している。

限局性の観点から、最も一般的なものは、脊椎の神経鞘腫、聴覚神経および足底神経である。

神経鞘腫の治療

腫瘍の位置、大きさおよびタイプに応じて、腫瘍専門医は様々な医療処置を処方することができる。 神経鞘腫を治療する最も一般的な方法は外科手術である。

神経鞘腫 - 合併症

これは良性の形成であるため、神経鞘腫の除去は再発を招かない。

神経鞘腫の予防

現在までに、神経鞘腫を予防する方法はない。